CADオペレーターとは

PCを使った仕事の中でも、CADオペレーターは人気の職業の一つです。
CADとは、Computer Aided Designの略称で、建設図面や機械図面を設計するための支援ソフトウエアになります。
昔であれば、手で引いていた図面をPC内で作成していくことで、精度と速度を上げることができるようになっているのです。
CADの持つ能力はかなり高く、建設や機械といっただけではなく、アパレルなどでも利用されており、女性のオペレーターもかなりの数になってきています。
かなり注目されている職業であるといえるでしょう。


CADオペレーターと一口に言っても、実はかなりの職種が存在し、レベルも違いがあります。
図面を作ることを中心とする人もいれば、トレースといって写すことが専門のオペレーターも存在します。
さらに高度なレベルとしては、間違いを捜しさらに図面としての精度を上げる仕事や、指導員というのもあるでしょう。
範囲の広さということも、CADオペレーターの魅力の一つになっているのです。


CADオペレーターを目指すのであれば、専門知識を持つことが大切です。
仕事をしながらレベルアップということを公言することは非常に失礼な話でしょう。
そういった人を雇ってくれるところもありません。
まずは使えるだけの知識レベルを身につけ、CADを扱えるようになっていくことが重要となります。
どんなに優れたオペレーターであっても、CADはツールの一つであり、それを操作するのは人間なのですから、知識レベルが低ければどうやっても対応することができないからなのです。


≪Special Link≫
JDrafという業界最高水準のコストパフォーマンスを誇るAuto CADソフトです ⇒ Auto CAD

Copyright © 2014 CADオペレーターになるには All Rights Reserved.